海賊王裡最最感動的片尾曲

剛好是在告別梅利號的橋段....



開頭清描淡寫的鋼琴帶出沉重的主題

中段則是用了很強烈的搖滾 描寫不捨的激情

最後用再溫柔得結束'

真的很感人催淚

放在片尾曲真的很感動了很多海賊王的死忠粉絲






Dear Friends


毎日陽が沈むまで 泥まみれになりながら 無邪気に過ごした日々も捨て難いけれど

難忘兒時天真的我們每天夕陽西下滿身灰泥那無憂無慮的日子

夢見る僕が居てもそれはそれで僕だから

那時做著美好的夢的我

ジグソーバズルみたいにはまってなくて良い


可以不必在乎那些拼圖

誰かの「YES」が君にとって「NO」であるのと同じように


對於別人說的「對」對你來說和「錯」沒有兩樣

いつだって自由なはずだから

無論何時都應該如此自由

明日 風が通り抜けた時にバズルが欠けていたとしても


就算明天大風吹散了拼圖

誰もそれを責めたりしないよ


也不會有人責備


あの日夢見た僕らは 

那一天憧憬夢想的我們

間違いじゃないと信じて

堅信著彼此的信念

荒くうねる海原渡って行ける


跨過波濤洶湧的大海

君の胸の痛みだって 僕らは知っているから


你的痛苦我們比誰都清楚

もしも君がこの船を下りて違う世界に居たとしても


即便你離開著條船去了不同的世界

最後にはきっと笑えるよ


最後也能開懷暢笑

 今でも僕らは夢を見ているよ

現在的我仍然在憧憬著夢想

託されたその想いも乗\せて

還加上那托付了的心願

荒くうねる海原を痛みと戦って今日も行く 約束が嘘にならないように


今天我們仍要面對洶湧的大海面對悲傷為了無讓約定落空


そしていつか


為了有一天

僕らの船を下りた違う世界居る君に 完成したバズルを届けよう


能將完成的拼圖 交給離開了我們去了不同世界的你








最後附上送別梅利的感人畫面...





創作者介紹

猴子的真實身份其實是人類

justred 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()